2016年12月5日 更新

懐かしい味!北関東では給食でもおなじみ『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』

香ばしいピーナッツと甘めの味噌が絡みあう『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』を、おとりよせしてみました。ゴハンのおかずであり箸休め、子どものお菓子でありおつまみでもある、ピーナツハニーを今回は楽しみたいと思います。

懐かしい味!北関東では給食でもおなじみ『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』

富田食品はちみつ入りピーナツハニー

『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』が、我が家に到着しました。

包装を簡素化し、メール便限定送料込というお求めやすい価格設定となっております。

今回はお徳用の富士正食品のはちみつ入りピーナツハニー(ピーナッツみそ)800gに、今回は200gのオマケがついてきました!

『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』とは?

『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』は、カリカリのピーナッツと甘さと塩味のバランスが絶妙な調理味噌を合わせてもので、もとは落花生の産地である千葉県で食べられていた家庭料理です。

Pみそ、みそピー、ピーナツハニーなど、呼び方はいろいろですが、北関東地域を中心とした東日本では学校給食で食べられているほど愛されています。

原材料をチェック!

原材料は、落花生(南アフリカ産)みそ(遺伝子組換えでない大豆米食塩)グラニュー糖ぶどう糖大豆油大豆油水あめはちみつ白ごま。

『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』に使われている味噌は、独自に改良された特製味噌を使用しています。

麹歩合が高い、うす味の無添加味噌です。

いざ、実食!

ピーナッツ一粒一粒にしっかりと存在感があり、味噌としっかりからんでいます。

ピーナッツのカリカリとした食感と、調理味噌の甘じょっぱさが絶妙な味わいです。

なかなかクセになるお味で、食べる手がなかなか止まりません。

少々固いですが、味は素朴でとても美味しいです。

いろいろな食材と組み合わせて!

子どもに好評だったのが、パンと『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』の組み合わせです。

トーストしたパンにのせて食べるだけですが、和製ピーナッツクリームといった感じで美味でした。

ほかにも、かぼちゃと『ピーナツハニー(ピーナッツみそ)』をあえて食べても美味しいです。

カボチャがなければサツマイモにあえても美味しいですし、手軽におかずが一品できちゃうので、ぜひお試しあれ!

お取り寄せ商品

富士正食品のピーナツハニー(ピーナッツみそ)800g

1,000
大変ご好評の富士正食品のピーナツハニー(ピーナッツみそ)の給食用20gのお徳用袋です。
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

もぐもぐ もぐもぐ

小さいころから嫌いな食べ物は一切ありません。毎日おいしものを取り寄せすることを淡々と考えている女子です。