2016年8月25日 更新

レバ刺しが通販できる?黒毛和牛の生レバーをお取り寄せ!

今回は、茨城県のお肉を中心に通販をおこなっている「そうざい男しゃく」さんで生レバーをお取り寄せして食した際のレポートを紹介します。

レバ刺しが通販できる?黒毛和牛の生レバーをお取り寄せ!

新鮮な黒毛和牛の生レバーをお取り寄せ!

こんにちは!
お酒とラーメンが大好きなTottiです。

突然ですが、レバ刺し懐かしいですよね?
昔は焼肉屋で必ず前菜に頼んで、ビールと一緒に流し込んでいました。

それが平成24年7月からの法律改正で厚生労働省は、牛のレバーを生食用として販売・提供することを禁止してしまったのです!
・レバーは「加熱用」として販売・提供しなければなりません。(いわゆる「レバ刺し」の提供はできません)
・牛のレバーを販売・提供する場合には、レバーの中心部まで十分な加熱が必要である旨の情報を提供しなければなりません。
・牛のレバーを使用して、食品を製造、加工又は調理する場合は、レバーの中心部まで十分に加熱しなければなりません。(中心部の温度が63℃で30分間以上もしくは75℃で1分間以上など)
事業者は「加熱用」としてしか、牛レバーを販売出来ないんですね。
そのご時世ですが、「法律改正前は「生レバ刺し用」として販売していたものを、現在は加熱用として販売しています!」という文言で生レバーを販売している楽天ショップを発見。
【楽天市場】そうざい男しゃく

楽天市場の「そうざい男しゃく」さんで購入

お店は「そうざい男しゃく」さんという何とも男らしい名前で、茨城県の常陸大宮市にある会社の様です。

ハンバーグやローストビーフなど、牛肉を使用したお惣菜を中心に鶏肉、豚肉などお肉を中心にお取り扱いしている様です。

肉食の男爵様ということなのでしょうか。

生レバーは数量限定で、と殺後に即出荷で冷凍せずにお届けしてくれるとの事です。

以下、生レバーの商品説明の抜粋です。
法律改正前は『生レバ刺し用』として販売して降りましたが・・・

残念ですが今は加熱用としての販売です
これってレバ刺しとして生で食べられるけれど、生食用として販売出来ません。

ただし「法律改正前」は、生食として販売していたものなので、生食で食べても問題ありません!
※声(文字)には出せないですが・・・。

って受け取っていいんでしょうか?
(※いえいえ、しっかり加熱しないとダメですよ!ってことです!)

早速、購入してみました。

生レバー到着後、開封・調理します

注文後中1日で冷蔵便で到着。
しっかり段ボールで梱包されています。

取り出すと保冷剤と一緒に生レバーが入っています。
300gとかなりのボリュームです。

生レバーを取り出します。
度迫力の大きさです。
新鮮なのでか、弾力がすごいです。
みなさんは、牛レバー(レバ刺し)は何で食されていましたか?

少しネットで調べて見ると、「ゴマ油に塩」が多いようですね。

次に多い「にんにく醤油」というのも魅力的です。

今回は定番の「ゴマ油に塩」で頂きます。

ゴマ油にお塩を少々。
並べてみます。
懐かしい光景です。

ゴマ油につけて、頂きます。
いや~。
新鮮です。すごい弾力です。

美味しいです。

このレバーを食べた時の血がたぎる感、たまらないですよね。

新鮮なレバーにそうざい男爵さんの丁寧な仕事ぶりがうかがます!

以下、そうざい男爵さんで「生レバー」を購入された方のレビュー抜粋です。
うまーーーい
塩とにんにく、ごま油で大人の自己責任として美味しく頂きました。
食後2週間、なんの変調もありません。
水で洗い薄皮をはがしスライス。しっかり角の立つ新鮮なレバーでした。
また購入したいと思います。
美味しい
美味しいレバーが食べたくて…もちろん例の食べ方で。久しぶりに頂きました。ビビりなのでドキドキしましまが、美味しいし体調も問題なし。暖かい季節は不安なので、また寒くなったらリピートします。
みなさん「大人の自己責任」としてや、「例の食べ方」として楽しんでいるようですね。

みなさんも「そうざい男爵」さんの新鮮でレバーを自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか?

※しっかり、加熱して「大人の自己責任」で召し上がってくださいね~。

お取り寄せ商品

黒毛和牛レバー:そうざい男しゃく

黒毛和牛レバー:そうざい男しゃく
予約販売ですレビュー脅威の高評価!新鮮牛レバー♪食べやすい約300g小分けでお届け!
補足

生レバーの食べ方の動画がUPされていました。

※けして推奨している訳ではありませんとのことが美味しそうです。

レバ刺新鮮生レバー刺身の作り方 - YouTube

24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Totti Totti

1980年生まれ。千葉県出身。ラーメンとお酒が大好きな東京都内在住の独身男性ライター。主な出没スポットは、池袋、新宿、横浜。