2017年8月30日 更新

Tim Tam(ティムタム)を5種類お取り寄せ!現地の食べ方もご紹介。

オーストラリア国民に愛され続けるチョコレートビスケット「ティムタム」。 今回はこの5種類のセットをお取り寄せ通販。そして現地の人なら当たり前のちょっと変わった食べ方(飲み方!?)もご紹介。チェックして人に自慢しよう。

Tim Tam(ティムタム)を5種類お取り寄せ!現地の食べ方もご紹介。

ティムタム(TimTam)チョコレートビスケット

突然ですがあなたは「Tim Tam」というチョコレート菓子を知っていますか?

日本だとあまり聞き慣れない名前ですが、海外(特にオーストラリア)では国民食と言っても過言ではないくらいメジャーなお菓子なんですよ!

サクサクのビスケットでなめらかなチョコクリームをサンドし、
さらにチョコレートでコーティングした、
絶妙なハーモニーを味わえる、大人気のチョコレートビスケット。
以前一度だけ知人からオーストラリア土産としてもらったことがあり、その美味しさにやられてしまったんです(笑)

というのも、海外のお菓子って少し甘すぎて日本人の味覚にはあんまり合わないイメージがある人が多いと思いますが、この「Tim Tam」はちょっと違います!

確かに甘い事には甘いのですが、不思議と食べやすく、割りと日本人向けじゃないかと思います。
確かにいきなり食べたい衝動に駆られます…!
今回もその衝動が襲ってきた結果、思わずポチっと注文してしまったので、その勢いのまま、レビューしたいと思います(笑)

上から、

・オリジナル
・ダブルコート
・ホワイト
・キャラメル
・ダークチョコ

です。
よく見ると、チョコレートの入っている数が違います。

オリジナルとダークチョコだけはビスケットが11枚で、残りのティムタムは9枚です。

どれも値段は同じなので、枚数でコストを調整しているのですね。
ホワイトは一目瞭然ですね。

表面の波打った感じが、美味しさを誘うのですが、ダブルチョコの表面だけはスムーズです。

ティムタム特有のでこぼこ感がありません。

チョコをダブルにコーティングするからでしょうか?

早速食べ比べてみましょう

さぁ、ティムタム欲が限界を迎えてきたので、そろそろ食べてみようと思います!

こんな感じのかっこよく写真を撮ったのは良かったのですが、個別の写真を撮り忘れてしまうという失敗…

キャラメル以外は他の写真で代用です。

まずはTimTamオリジナル

まずはオリジナルからいただきます。

噛んだときのビスケットのサクサク感とチョコレートのとろけ具合が絶妙です。

簡単に砕けるビスケットとコーティングされたチョコレートの比率がピッタリなんですよね。

チョコレートだけを食べたときは口の中が甘ったるくなりすぎて苦手だし、ビスケットだけを食べたときには、歯にまとわりつくパサパサ感が嫌なんですが、ティムタムはその両方の問題を解決してくれるお菓子です。

次はダブルコート

チョコが若干強めにコーティングしてあり、オリジナルと比べると少し厚みがある感じ。

甘さはオリジナルとそんなに変わりません。

ビスケットよりもチョコレートの方が強く感じます。

濃い色のダークチョコ

ダークチョコは見た目も濃い色で、甘くないのかと思いましたが、意外に甘みが強くでています。

これもビスケットよりチョコレートを強く感じます。

絶妙な甘さのホワイトチョコ

ホワイトチョコは絶妙の甘さ加減。

チョコというより、ミルクの味が強く出ていて、オリジナルとは違った感じがしますね。

どちらかというとホワイトチョコは好きではないのですが、このホワイトなら美味しくいただけます。

コレは甘い!キャラメル

最後にキャラメル味です。あまーい!です。

切り口は他と同じだったのですが、食べてみると、トローっと中からキャラメルクリームが出てきて、パッケージの写真と同じ感じ。

この5種類の中では一番甘く感じました。

カロリー的にはどうなのでしょう?

全部美味しいので、思わずもう一つずつ食べたくなりましたが、気になったのはカロリー。

海外の食品は、たま~に目が飛び出る様なカロリー数字だったりするので、ここは要注意です(笑)

う~ん、カロリーっぽいのはわかりましたが、いかんせん読めません(笑)
食べた感じはキャラメルが一番カロリーが高そうですが、パッケージを見てみるとどうやら違っていました。

一番カロリーが高いのはダブルコート!

優勝!
それもそのはず。

というのもオリジナルの1.2倍くらいだけ、チョコレートの量が増量されているんです!

チョコレートを二回かけたから「ダブルコート」。そりゃカロリーも高いワケです。

ちなみに一番カロリーが低いのはやはり、ダークチョコです。

オリジナルよりも若干カロリーが低いようです。

カロリー一覧はコチラ。

==============
・オリジナル…95kcal
・ダブルコート…116kcal
・ホワイト…99kcal
・キャラメル…96kcal
・ダークチョコ…94kcal
==============
ちなみにこのカロリーは「1枚あたり」のTim Tam…!

という事は1袋にだいたい10枚入りなので、1人で一袋食べようとすると…

…正に目が飛び出るようなエネルギーが摂取できちゃいます(笑)

食べ過ぎにはくれぐれも気をつけましょう!

大満足のお取り寄せだったのですが…

オーストラリアの人気チョコレート菓子「ティムタム」。

沢山のテイストも楽しめてとっても満足だったのですが、一つだけやり忘れた事が!

それがコチラ!

The Tim Tam Straw - YouTube

We heard from an Australian dude that you can use the tim tam cookies as a straw...it sure is yummy. If you like this video, or even if you didn't, check out...
簡単に言えば「ティムタムをストロー代わりにする!」です。

自分がやり忘れたので、他のホームページから写真をお借りしてご説明すると、

ティムタムの両端を少しかじります。

こんな感じでミルクやお気に入りのドリンクに片方浸して…

こうだっ!!!
なんともお行儀が悪いようにも見えますが、実はティムタムのメーカーも認めた「ティムタムスラム(TimTam Slam)」という食べ方(飲み方)なんですよ!

※メーカーは「ティムタムサック(Tim Tam Suck)」と呼んでいるらしいです。
本当にやればよかったと後悔…
ちなみにこんなツワモノもいらっしゃいました…
実際にオーストラリアの人なら全員が知っている食べ方なんだとか。

もう少し下調べをしてから食べればよかったと反省ですが、またティムタムをお取り寄せする理由が出来ました(笑)

皆さんも是非Tim Tamをお取り寄せしてみてください!

そして心ゆくまで吸って下さい(笑)

お取り寄せ商品

50 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

パイパー パイパー

お酒が大好き。最近は健康のため専らワインに絞っています。子供が3人もいると、なかなか外食ができず、おつまみの腕もあがってきたような…。